香里園美容室でショートヘア、刈上げスタイル、ベリーショートが口コミで上手いと評判

カットの技術力が鮮明に出てしまうのがショートスタイル

刈上げ
髪は短くなればなるほど、髪のクセや生え癖の影響が出るので、ミディアムやロングのヘアスタイルよりもショートヘアは誤魔化しがききません。ですので、ショートカットはカット技術の上手い下手がハッキリと出てしまいます。

最近の男性の髪型は刈り上げなどの男らしいヘアスタイルが流行っています。ベリーショートのスタイルの場合、髪の癖、生え癖、骨格の確認まですることは重要なファクターです。メンズヘアスタイルの刈上げベリーショートの場合、刈り上げていくラインの角度、そのラインの綺麗さ、刈上げの色の濃さ、グラデーション具合、トップの毛との自然な繋がり具合に至るまでミリ単位での微調整ができる技術力が必要なのです。

熟練の技・直鋏(じか ばさみ)

直鋏
刈上げベリーショートの髪型を作るときに必要不可欠な技の一つに直鋏(じかばさみ)があります。直鋏(じかばさみ)は刈上げのカット面をコームを使わず縦にハサミを構えて直にシザーの刃を当ててカットします。起毛した髪をコンマミリ単位で整え、刈り上げた面を限界まで綺麗にガラス化させる熟練の技です。直鋏(じか ばさみ)の技術を修得するには日々の訓練が必要で、まだまだこの技を使える美容師は少ないと言えます。

美容室セントジョージ香里園店メンズステージのスタイリストは全員がこの熟練の技である直鋏(じか ばさみ)を修得しています。シャープな刈上げの面、コーナーの丸み、見事なグラデーション、横からでも後ろからでも、どのアングルからみても計算しつくされたフォルム、美容室セントジョージ香里園店はベリーショートのヘアスタイルや刈上げを得意とするヘアサロンです。

刈上げはバリカンとハサミどっちがいいの?

バリカン

バリカンの良さは早くできるところ、ハサミよりも薄く切れる点です。ツーブロックスタイルの刈上げに使うと便利です。悪い点はバリカンに対する悪いイメージです。バリカンだと雑と思われたり、手抜きと思われることがあります。それとバリカンは頭の形がそのまま出てしまいます。人間の頭は綺麗な○ではなくデコボコしていますのでバリカンで切った場合はその凸凹がアウトラインの形となります。ハサミで切る場合は輪郭を修正しながら凸凹に対応できるので頭の形を綺麗に見せることができます。

ハサミの勝ち?
バリカンよりハサミのほうが色々対応できて良いかというと一概にはそう言い切れません。バリカンでも熟練したクリッパーワークだと頭の凸凹に対応しながらカットできる人もいます。ハサミにせよバリカンにせよ刈上げなどのショートカットは使う道具の良し悪しよりもスタイリストの技術力がものを言うと思いますが、バリカンに抵抗がある人は安心できて丁寧に感じられるハサミをリクエストしましょう。

刈上げが上手い美容室は刈上げ専用のハサミを使う

刈り上げ用ハサミ
画像の下のハサミが通常使う6インチのハサミ。上のハサミが刈上げる時に使うロングシザースです。大きさが全然違いますね。刈上げ用のロングシザースは太身で力強い切れ味ですので刈り上げに適しているハサミです。大きいということは一度にたくさんの髪の毛を切ることができるので、それだけ刈上げが早く出来ます。刈上げ時に使うハサミを見ればその美容室が刈上げを得意とするかどうかを見抜くことができます。もちろん美容室セントジョージ香里園店メンズステージのスタイリストは全員が刈上げ専用のロングシザースを使用しています。

美容室セントジョージ香里園店メンズステージの店舗情報はこちら